化粧水パックと油分配合のクリームで乾燥を撃退

肌の乾燥が気になる時はパックをします。

化粧水をコットンにヒタヒタになるほど染み込ませ、乾燥の気になる箇所にのみ、コットンを乗せます。

乗せ終えたら、5分間横になり待ちます。パックをしたまま家事などをしても良いのですが、下を向いただけでコットンがすぐに落ちてしまうため、横になっている方が良いです。

また、化粧水が上から下へ、肌へ向かって染み込む感じがするので一石二鳥です。

5分が経過したらコットンを取ります。長く時間を置き過ぎると、

肌の潤いが蒸発してしまう為、5分が最適です。

化粧水はただ塗るだけだと、塗ってもすぐに乾いてしまいますが

パックなら、終わった後は肌がモチモチになり、潤っているのが実感できます。

最後にクリームを塗ります。乾燥するという事は、せっかく潤いをチャージしても、肌内部にとどめておくのが難しい状態になっていることの表れです。なので、蓋の役割を果たす油分の含まれたクリームを塗ります。

塗っても、また粉を吹くようであれば、重ね塗りをします。

一日に数回、塗りなおすことで徐々に乾燥は落ち着いていきます。

乾燥が気になっても、必要以上に手をかけないようにしています。

最低限のスキンケアを行い、後は肌本来の力で再生させるよう

意識しています。