スキンケアは合わないと思ったら使うのをやめた方がよいのか?

スキンケアは合わないと思ったら使うのをやめるのも手です。

とはいえ、まあ「合わない」の度合いにもよるのですけれど、お肌にピリピリとした感覚を感じる場合は、まあ往々にしてお肌にそのスキンケアコスメが合っていないということを感じられることでしょう。

そして湿疹ができたり、お肌のつっぱりを感じて乾燥して、そして痒くてかいてしまうよりは、スキンケアコスメが合っていないと感じたら使用を中止するのも手だと思うわけです。だって、皮膚科代って大人になりますと結構お高くなりますからね。

それこそ、スキンケアコスメのボトル1本購入できるほどだとも言えるでしょう。処方箋代も含めますと、本当にそのぐらいの医療費になりますからね。ですからそうなる前に、合わないと感じているスキンケアコスメの使用を中止することです。

たとえば、デパート1階で買うような「通称:デパコス」のスキンケアコスメでも、「あ、合わないなー」と思ったら、大事に至る前に使用を中止した方がいいでしょう。

まあそうは言いましても、よっぽどの敏感肌でない限りそこまで深刻なトラブルにはならないでしょうけれど、しかし「合わない化粧品」というものはありますから、値段はさておいて「合わない」と感じているスキンケアコスメはやめた方がいいというものです。